[melon magazine訳]OXEからテミン、ロンエラまで。SM非公式グッズを紹介します

SMの非公式グッズについて、EXOチャニョル、SHINeeテミン、NCT U マークに関する制作エピソードを交えた記事を訳しました。

 

原文はこちら→ OXE에서 テミン, 롱애라까지. SM 비공식 굿즈를 소개합니다. Http://www.melon.com/musicstory/inform.htm?mstorySeq=4924&startIndex

 

2017/05/05

“SMエンタテイメント”と言えば、思い浮かぶキーワードは何だろうか?“国内最大規模の事務所”という規模を思い浮かべる人もいるだろうし、“SMP”に代表される独創的な(あるいは過激な)ダンスを挙げる人もいるだろうし、音楽的観点から“先端”を求めるイメージを持つ人もいるだろう。すべて肯定的であると同時に“最高”という印象を持っているキーワードたちだ。

ここに個人的に追加したいキーワードがもう一つある。“グッズ”だ。ソウルCOEXアーティウムにあるSMTOWNを初めて訪れたとき、ショップに展示されているグッズの多様性とクオリティすべてに驚いた記憶がいまだに鮮明だ。SM所属アーティストが印刷されたカレンダーや団扇のような一般的なアイテムから指輪やポーチのような実用的商品、ポップコーンのような奇妙なコラボレーションに至るグッズの範疇は、予想可能な範囲とそうではない範囲をすべて包括していた。 (訳注;SMTOWNについては、こちらのインタビュー訳もご参照ください。[インタビュー訳] デザイナーと共生を選択した SMエンタテインメントグループ 総括社長キム・ヨンミン

もちろん、この程度のグッズは他の企画会社でもすでに作っているのではと反問することもでき、それは一定部分事実でもある。ただSMエンタテインメントが他の事務所と差別化される部分があるとしたら、ちょっとアイドルのファンとはまったく関係なく見えるフィールドの人たちが作り出した非公式グッズが存在するという点だ。公式グッズに比べて手に入れるのが難しいが、だからこそより粋な、SM非公式アイテム3個を紹介する。

文|チョン・クウォン(WEBZINE  weiv編集長)

#1 EXO? OXE?

OXE
ムンバ&チャニョルSNSキャプチャー

2014年7月22日、EXOメンバーチャニョル(CHANYEOL)のインスタグラムに上がった一枚の写真がファンたちの顔をほころばせた。「EXOに対抗するアイドルグループOXEです」という文章と共に玉璽(訳注:皇帝の用いる印章のこと)6個を撮った写真を上げたツイートをキャプチャーしたチャニョルは、「追い出されないように一生懸命やらなくちゃ」というコメントをつけた。とはいってもすでにツイッターで人気があった(元のツイートは2013年10月に上がった)そのツイートは聖地となり、2017年5月3日現在、7,000を超えるリツイートを記録中だ。

とにかくその結果、Tシャツが作られた。冗談ではなく本当に。そのツイートを上げたSuregi Silk Print代表(であり、ブラックメタルバンドHuqueymsawのドラマー)ムンバは2014 年7月26日から2日間OXE Tシャツを販売し、数多くの人たちがそのTシャツを買っていったという。おそらくアイドルメンバーのインスタグラム一言がグッズにつながった最初の事例ではないかと思う。

 

#2 テミンテミンテミン

SHINeeのファンから伝えられた俗説中の一つが「イ・テミン イ・テミン イ・テミン」と3回叫んだあと、願い事を祈ると、その願い事がかなうという話だ。俗に「3テミン」として知られているこの伝説(?)は、SMでもランプが描かれた公式携帯ケースに作られたことがある。

TEAMIN

そしてこの「3テミン」が公式グッズではない、非公式グッズにまで制作されるに至ったが、アンダーグランドDJクルーNO MUSICがその主体だ。2016年8月マンスリーレギュラーパーティ「NO CLUB」の一周年を迎えたNO MUSICが準備した特別なマーチャンダイズがほかでもないTシャツ。

「テミン」の日本語カタカナ表記をTシャツの中央にかなり大きく3つ配置したTシャツは「NO CLUB」入場券と共に限定数量で販売され、一日だけで完売した。その上、このTシャツは2016年9月ソウルで行われたSHINeeのコンサートで、テミン本人に直接渡されるまでになったのだ!

NO MUSICのメンバーDJㅇㅇは日本の音楽/ファッションWEBZINE FNMNLとのインタビューで「ツイッターでK-POPをプレイするDJ は真のDJではないという話が出たことがある。しかし私たちはSMの音楽こそが、現在の韓国でかなり重要な位置を占めている音楽だと考えている。実際にパーティでSMの曲をかけると雰囲気がすごくなるのだから。なので、もし私たちのイベントで反発があったとしても、私たちはテミンを主張したかった。Tシャツを制作したこともその一環だ。私たちはK-POPをプレイすることを恐れない。」と、テミンTシャツについて語った。実際にアンダーグラウンドエレクトロニックシーンで、最も多くプレイされるK-POPがSMエンタテインメントの曲たちであることを勘案すると、これはどう見ても当然のコラボレーションかもしれない。

(訳注;テミンテミンテミンTについてのFNMNLの記事はこちらです。韓国のDJクルーがリリースした謎の「テミン」Tシャツとは?韓国のDJクルーが作った「テミン」Tシャツ、ついにテミン本人の手に渡る 

 

#3 (Uh)and that is a long ass ride

筆者は2016年を代表するトラックの一つにNCT Uの‘The 7th Sence’を選んだ。まさに「よく作った」としか言いようのないこの曲は、アイドルがグローバル大衆音楽最新の潮流(ここではトラップ)を吸収する時の模範となるに値する事例だった。そしてこのクールな曲の中でも、マークが片足を壁に上げて自分のヴァースをまき散らす瞬間は最も印象的な瞬間だった。「新人にしては」「アイドルにしては」といった野暮ったい修飾語などは必要なかった。彼のラップはそれ自体で聴いている者を意のままにする力を持っていたのだから。

 

NCTU2

そしてそんなマークのラップに注目したのは、私一人だけではなかったようだ。「Uh And that is a long ass ride」というアイコニックな歌詞を、サンセリフ体で胸の部分にプリントしたスウェットの販売が今年の3月と4月、2度にかけて行われたのだから。ロイヤルブルー、ブラック、レッドの3色で販売された“ロンエラ”スウェットを受け取った人たちのなかの何人かは、暗がりで光る文字に驚いたという後日談が伝えられた(夜光プリントだった)。いつかNCT Uの活動が再開されたとき、Tシャツになるだけのまた違ったクールな歌詞が誕生することを願っている。

 

==================

 

非公式グッズなら新大久保にも山ほどあるし、という向きもあるでしょうし、ファンによるグッズやファンアートなどもいろいろあると思いますが、ちょっとストーリーがあって、それをまとめたような記事はあまりないのでは、と思い…。自分がこの筆者同様のことをSMのグッズに感じていることもあり、訳していて楽しかったです。

こういうビハインドストーリーもそもそものSMのアーティストだったり、マーチャンダイズだったりが、確たるものとしてあるからこそ成り立つものだとも思ったりします。ロンエラスウェット欲しい~!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中